ジャージー島 (Bailiwick of Jersey)

ジャージー島はイギリスの沿岸から135キロの沖合いに位置し、人口約9万人の風光明媚な英国領の島で多くの観光客が訪れるところです。

イギリス本土よりもフランスに近い為、フランス人も多く住んでいる島です。

ジャージー島は英国海峡の島々をさすチャンネル諸島にある島の1つです。

この地域では、金融機関への審査・許認可は非常に厳重で、マネーロンダリングに対しては特に厳しく取り締まっており、また、投資家保護法も整備されています。


オフショア投資ジャージー島

ジャージー島は、イギリス領ですが、イギリスとは異なる独自の行政・立法制度を有していて、政治や経済も安定しています。税制も英国とは異なり、古くからタックスヘイブン政策を導入して主力産業としています。

金融システムは非常に発達しており、税制面や守秘性等の面で評判があります。

世界中の多くの金融機関がこの地域に進出し、オフショアファンドやオフショア銀行の業務がさかんに行われており、ジャージー島の収入の50%以上は金融業が占めているといわれています。

≪ マン島 (Isle of Man) | 代表的なオフショア紹介 | 香港 (Hong Kong)  ≫