香港 (Hong Kong) 

香港は、東アジア最大のオフショア(軽課税地域)で日本に一番近く、人に最もなじみの深いオフショアです。

香港は、イギリス植民地であったこともあり古くからオフショアとしての投資技術が 発達しています。

オフショア金融センターとしてばかりでなく、香港はアジアの様々の産業の中心であり、また貿易の中継地点として、立地条件にもすぐれています。中国に進出する際の拠点としても、世界が注目している場所です。

オフショア投資香港


香港は英国による統治下の時代から、行政当局が経済活動に関して必要最小限の規制を設けるに止まっており、源泉課税やキャピタルゲイン税はなく、所得税や法人税などの課税体系も低く抑えられています。

このように、香港は自由な経済・金融活動が行えるオフショア・センターとして税制面で多くの利点を享受する金融自由都市として繁栄を続けてきました。

また150年もの間、香港はイギリスの統治下にあったため、英国法に基く法律が完備している法治国家です。

中国返還後も、イギリス時代に制定された法律の多くが廃止されず、生き残っていて、自由な制度のもと金融活動が活発に行われています。

オフショア金融センターとして世界トップレベルの銀行や証券会社、投資顧問会社、信託会社、保険会社等が軒を連ねていて、最近ではオフショア銀行口座開設のために香港を訪れる日本人が増えています。

≪ ジャージー島 (Bailiwick of Jersey) | 代表的なオフショア紹介